ART BATTLE KYOTO2021 出場しました

太陽です。

ART BATTLE KYOTO2021 出場しました!

一回戦で負けましたが、とても良い経験となりました。

会場でお楽しみくださった方、オンライン配信で見ていた方、ありがとうございました。

規模の大きなイベントに出させていただけて光栄でした。

こっそり応援していた方もいるのかなと思います。

楽しんでいただけましたでしょうか??


【ART BATTLE JAPANについて】
『ART BATTLE』はNY発のライブアートイベントでこれまでに世界50都市で2000回以上も開催されております。
制限時間内でのアートパフォーマンスを競い、観客の投票によって勝者が決定致します。
室内ではクラブMUSICをかけ、MCがアーティストを煽りながら展開され、その臨場感と目の前で完成されていくアートは、これまでになかった新たなエンターテインメントです。2016年から日本に上陸、絶大な人気を博しております。

https://ab-japan.net

新たな作家さんとの出会い、会場で見てくださいましたお客さまからの直接のご感想、嬉しかったです^ ^

左側 優勝者の阿原一香さん、右側 森山馬好さん

昨年京都での大会を見に行きました。その時は応募したけど落選していました。会場の熱気と盛り上がりを見て、落選したけどまた応募してみよう、自分も出たいな!ととても思いました。

その後、いくつかの別のイベントでライブペイントをしてきました。私にとってライブペイントは準備がとてもかかるものです。でもひとつひとつの経験で少しずつ磨かれてきていると感じます。(ほんとは大変すぎて毎回、「もうライブで描くのはやめよう。。準備が大変すぎる。」と思っています。でも終わってみるとやっぱり面白かったな。また機会があればやろうかな。と思うのです。)

会場の様子

そして今年、「ART BATTLE KYOTO2021」の募集を見つけて、あ!出たいな!ととっさに思ってすぐ応募しました。出たいと思っていたイベント!でも準備また大変なんだろうなあー。。と思いつつ、やっぱりやりたいなぁ。が勝りました。そして出させていただけることになってとても嬉しかったです!

この「ART BATTLE KYOTO 2021」で太陽の絵を知っていただける機会になれば、絵で人を幸せにするために参加しました。

20分間のライブペイントのために、計画を練り、思いつきを試し、練習しました。もともとそんなにライブペイントは上手くないのです。よーいスタート!で絵の具を絞り出し、パッと描ける作家さんすごいなぁと毎回思います。私の場合は、何を描くかどう描くか何色を使うか事前に決めてから時間内で描けるように練習してから本番に臨みます。ライブペイントでどうやったら描けるか考えた結果のやり方です。

作品たち

ただ描いて私だけが楽しかったでは面白くない。見に来てくださった方に楽しんでいただきたい!支払ったチケット代より得して、帰り道に行って良かったと思えること。お客さまの人生の楽しみ、思い出となること。今日という日を良いものにしてもらう、そのためのライブペイントです^ ^

なので毎回、何か小道具やネタを用意できないか、見所を作るように心がけています。今回は20分でF20号(約70センチ×60センチ)という規定です。大きな画面で時間が短いです。時間内に描ききるだけでも難しかったです。ですが何か見ている方に楽しんでいただける見所を作りたいな、とアイデアを考えました。

私のパフォーマンスは、本物のマーガレットの花を使って茎を筆がわりにして描いて、最後にキャンバスに花を貼り付ける。というものでした!

花を貼りました!

数日前に思いついてなかなか良い案だったかなと思います。(後で生モノを使うのはNGだったと知りました笑笑)

マーガレットは自作の定番モチーフです。私自身がこの花に励まされています。そして絵は人を幸せにするもの。と思っています。マーガレットの花の光あふれる絵で見た方にご多幸をお届けしたいとパワーを込めて描きました。マーガレットの花言葉は信頼です。会場にいる方々、ご視聴くださった方、あなたに沢山の信頼が訪れますように。

絵であなたの人生を、さらに良いものにしてください。

アートバトル

そしてイベントに合わせて、スペシャルオークションが開催されてます。

あなたもオークションに参加しませんか?4/4 21:59まで入札できます。

参加した作家の作品をお手元でお楽しみください。

太陽の作品オークションは正規価格より少し安くなってスタートしています。

さらに送料も無料、さらにさらにアートバトルのオリジナルTシャツ(Lサイズ)もプレゼントします。

ぜひご参加ください。この絵はあなたに活力を与えてくれる絵です。

玄関、ワークスペース、ミーティングスペース、お店など外に向かう空間、がんばろうかと気を高める空間、作品「ハボタン・ユニバース」は濃い色の家具のインテリアや革素材や

ワインレッド色のインテリアに、「Floralpaintings バラ」は明るい華やかなインテリアやカントリースタイルや白やピンクのインテリアによく合います。

https://www.promo.mbok.jp/art-battle202103app

最後に、ART BATTLE KYOTO2021を運営してくださいましたART BATTLE JAPANさま、MCのnico さま入山杏奈さま、会場のAceHotelさま、メディアの方や音響広報運営スタッフ様、裏側で支えてくださったみなさま、お世話になりました!ありがとうございました。

nico さまは私が落としてコロコロ転がったテープを拾って下さいました🙇‍♀️

今後のスケジュールはこちらから

メルマガ登録すると、より最新の情報を直接あなたにお届けします。