【絵のある暮らし】自宅で、お部屋で、絵を飾ってはいけないところ4選

こんにちは!花と風景の画家 冬乃太陽です。

アートのある暮らしがしたい、

絵のある暮らしがしたい、

でもどこに飾ったらいいかわからない、

そんな方へ、

絵画を飾るのに適さないところもありますので、ご紹介します。

作品によって素材なども違うので、一概には言えないですが、通常は避けた方がいいところです。

・直射日光の当たるところ

・ピンでも外れやすい弱い、薄い壁

・水がかかるところ、湿気の多いところ

・寝室の頭の上の壁

です!

なぜ避けた方が良いのか、なんとなく分かりますか?

・直射日光の当たるところ

直射日光は、絵画の色の劣化、紙の劣化に繋がるからです。

街中で色褪せた古いポスターを見かけますね。全体的青っぽく変色しているポスター。まさに日光による褪色です。特に黄色は日光で色が褪せてしまいやすいです。

作品の素材が紙の場合は、劣化すると茶色く変色します。

あなたの大切な絵画を守るためにも、直射日光の当たるところは避けて飾ってくださいね。

太陽の絵画作品では、画面を保護するUVワニスを塗布しています。

ですが、直射日光を避けて飾るのが普通です。

ちなみに直射日光でも褪色に耐えられる絵画は、陶板やタイルなどの素材です。

代表的なのは、イスラムのモスク、昔のヨーロッパの教会などで見られるモザイク画ですね!

・ピンでも外れやすい弱い、薄い壁

これは、危ないのが分かりますね!

飾れるものがあるとすれば、軽くてテープどめできるポスターなどでしょうか。

・水がかかるところ、湿気の多いところ

水がかかるとシミになったり、湿気が多いとカビになったり、木などは腐る原因になるかもしれません。

お風呂場、湿気の多い場所など避けるのが良いです。

・寝室の頭の上の壁

これは、寝てる時に万が一、作品が落ちてきたらケガをするからです!

地震の多い日本なので、寝てる時に頭の上にあると危ないですからぜひ避けてくださいね。

それでは!

あなたが、絵でより豊かで幸せな暮らしになりますように。

メルマガ登録しませんか?新規登録でスマホ壁紙プレゼント🎁します。

メルマガ登録はこちらから

https://taiyotono.com/?page_id=257