【Osaka Indeconpe 2023】ご来場ありがとうございました!

こんにちは 花と風景の画家 冬乃太陽(とうの たいよう)です。

さて2023年1月18日〜22日まで開催していた公募展

「Osaka Indeconpe 2023」(オオサカ アンデコンペ)が終了しました。

ご来場くださった方、お会いできた方、遠くから応援してくださった方、

ありがとうございました。

さて今回出展した作品はこちらです。↓

「いつも軽やかに」

綿布にアクリル絵の具、木製パネル

サイズ h 595 × w 842 × d 25 mm

【作品について】

マーガレットの花を見ると、いつも励まされます。

私にとって思い入れのある花です。

花を見ていると、

こびりついた重い感情も、心しんどくなる方向を見ることも、ふっと手放して心軽やかになれる気がします。

この絵を見るあなたも、ふっと軽やかさを感じていただけると嬉しいです。

会場では、入り口付近に展示していただいておりました。

絵の前でじっと花を見つめてくださって、嬉しかったです。

綺麗ですね、お花はコスモスですか?(←よく聞かれました!)、

すごく良い作品ですね(主催者様より)と

ご感想を頂けて嬉しかったです。

これからも成長と飛躍ができるように頑張りますので、

あなたもぜひ冬乃太陽を応援してください<3

さて、会場の様子など下記からご覧ください。

【公募展について】

「Osaka indecompe オオサカ アンデコンペ」

会期:2023年1月18日(水)ー1月22日(日)時間:11:00-18:00 / 最終日 ー16:00

場所:enoco 大阪府立江之子島文化芸術創造センター

概要:アトリエ三月、サロンモザイク、gekilin.の大阪を拠点とするギャラリーから成るアートユニットTRI-FOLD OSAKAによる公募展。無審査・自由出展、年齢制限を撤廃した上で出展者の中から1名のみの大賞を授与するアンデパンダンとコンペティション(independants + competition)を統合させた新しいスタイルの公募展「Osaka indecompe オオサカ アンデコンペ」を開催します。ここより更なる表現の可能性の追求と未来に向かうアーティストの発掘を目的とし、関西のアートシーンの大きな飛躍へと繋げてまいります。

入り口のそばに展示していました。

会場の様子

お次は八尾市の茶吉庵さんにてグループ展です。

(詳しくはスケジュールから)

ちなみに、ギャラリー近くの恩智神社は、

2023年の開運スポット第3位として「マツコの知らない世界」で紹介されたそうです!

展示と合わせて恩智神社でパワーをもらってください。

それでは、また〜